スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未成年者の禁煙

先日インターネット上のニュースで

未成年者の禁煙治療に関し公的な医療保険を適用すべき

と言う内容の記事がありました


現在は未成年者の喫煙は違法なのでその禁煙治療は保険適用です

それを保険適用とするならば予算が必要になってきます


レオンは

そこに予算を使うならば

未成年者等の若者が喫煙しない又は出来なくする政策に予算を使うべきと考えます


しかし
タバコ会社は営利団体です

その営利団体がどこをターゲットに商品を開発するのか

それはこれから一番利益を生み出すところ

すなわち若い年代ではないでしょうか


若い年代をニコチン中毒にすれば

これから何十年とタバコを買い続けてくれます

なので表面上はタバコは危険と言いつつも若者に擦り寄っていきます

タバコのパッケージ

若者向けデザインだと思いませんか?



もタバコからの税収はバカに出来ません

なんせ2兆円以上ですよ

若者がタバコを吸わなくなればどんどん税収が下がります

そんな貴重な財源がなくなるような政策すると思います?






先日息子の小学校の入学式で校長先生がこんなことを言っておられました

「自分の命は自分で守りましょう」



禁煙をはじめる方はこちらから

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。