FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンの副業「せどりVSポイントサイト」

サラリーマンの小遣いUPのための副業

いろいろな手段が有りますが

自分にあった手段(副業)を選べるかどうかが
成功のカギを握っているといっても過言ではありません

私は学生から社会人になるまでのほんの数年
さまざまなことをしながら稼ぎを得ていました(微々たるものですが)

当時インターネットというものが普及してきたころで
それこそデイトレといわれる株式売買の「はしり」のころでした

まだ粗大ごみというものがあり
そこからまだ使えそうな電化製品や家具を拾ってきて
リサイクルショップに売ったり(犯罪か?時効だよね・・・)

スニーカーやジーンズを仕入れてきては値上がりするのを待って
古着屋に売ったり

とにかく私の大人の階段はひとより長かったです(笑)

それから十数年・・・
インターネットも普及し
副業というかお金を稼ぐ手段も格段に増え、
又稼ぎやすくなったもんです

当時のことを書きだすととりとめもなくなりますが
そんな私の経験と嗅覚に基づく
独断と偏見の戦いですが
前回「アフィリエイトVSポイントサイト」をお届けしました


今回はセドリといわれるものです

セドリ(競取り、背取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その 手数料を取ること。
また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』
とのことですが、こと副業用語としては、無知な古書店から安価で古本を仕入れ
Amazonやヤフオクなどで売却することを指すと思います


セドリは稼げるのか?

結論から言えば、「サラリーマンには稼げない

私の記憶が正しければセドリが流行しだしたのは2005年あたりからだと思います。
先ほど無知な古書店と書きましたが、その頃にはすでに古書店から安価な古本は消え、
ほとんどの方はブックオフ等の大型中古書店で仕入れていたと思われます。

そして、セドリのメリットでもありデメリットでもある「誰でも出来る」というのが
終焉を早めたと思います。

仕入先であるブックオフでは仕入れが過当競争になり
販売する場所であるインターネット上のAmazonやヤフオクでは
便利が故の弱点「最安値」がすぐに検索できてしまう
というところにセドリが今は稼ぐことが難しくなってしまった理由があると考えます

しかし、「セドリ」といわれるものは商売の基本です
つまり「安く仕入れ高く売る」ということをシステマチックにしたに過ぎません

なので立地的に恵まれて(家の近所にブックオフ等古本屋が5店舗以上ある等)いたり、
もう少しライバルが減ればまたサラリーマンでも稼げるようになるとは思います

しかし、2014年現在においてはサラリーマンの片手間の副業で
セドリによって稼ぐには休日を返上したり帰宅途中に何店舗か回って
仕入れをするなど、かなりの時間を使わなければならないとの結論に至りました。

また現在では古書だけではなく様々な商品セドリがあるようですが
やはりサラリーマンの副業には向いていないと思います

どちらかといえば、主婦の方や本業でされる方が稼ぎやすいビジネスモデルだと思います

私もサラリーマンでなく何か商売をするのであれば
まずはセドリで資金を貯めると思います♪





以上、私の独断と偏見では御座いますが参考になればと思います



一方のポイントサイトはサラリーマンの小遣いUPには「最適」の副業です!





私が一番小遣いを稼いでいるのは↓↓↓




今一番勢いがあるポイントサイトは↓↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト




2013年の新参ポイントサイトは↓↓
Good-Luck11.info





頑張れ貧乏サラリーマン
求む1クリック
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村   

 


本日も最後まで読んでいただき有難うございます

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。