禁煙 知識編の記事 (1/3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未成年者の禁煙

先日インターネット上のニュースで

未成年者の禁煙治療に関し公的な医療保険を適用すべき

と言う内容の記事がありました


現在は未成年者の喫煙は違法なのでその禁煙治療は保険適用です

それを保険適用とするならば予算が必要になってきます


レオンは

そこに予算を使うならば

未成年者等の若者が喫煙しない又は出来なくする政策に予算を使うべきと考えます


しかし
タバコ会社は営利団体です

その営利団体がどこをターゲットに商品を開発するのか

それはこれから一番利益を生み出すところ

すなわち若い年代ではないでしょうか


若い年代をニコチン中毒にすれば

これから何十年とタバコを買い続けてくれます

なので表面上はタバコは危険と言いつつも若者に擦り寄っていきます

タバコのパッケージ

若者向けデザインだと思いませんか?



もタバコからの税収はバカに出来ません

なんせ2兆円以上ですよ

若者がタバコを吸わなくなればどんどん税収が下がります

そんな貴重な財源がなくなるような政策すると思います?






先日息子の小学校の入学式で校長先生がこんなことを言っておられました

「自分の命は自分で守りましょう」



禁煙をはじめる方はこちらから

スポンサーサイト

長期休暇は禁煙のチャンス

いよいよゴールデンウィークに突入しました


なにも予定がなく家でゴロゴロされる方

禁煙のチャンスですよ


体内のニコチンは3日でほぼ0%になるとコチラで説明しました


3日間穏やかに過ごせる大型連休は

体内からニコチンを消失させる絶好のチャンスなんです


でもいきなり禁煙しないでくださいね

まずはコチラから




では有意義な連休をお過ごしくだいさい

禁煙で小遣いゲット5 知識編最終話

前回までは心理的依存を克服する方法をご紹介しました

まだ読んでいない方は必ず最初から読んでください前回はココ最初はココ

さて、今回いよいよ最終回です


ステップ5 身体的依存からの離脱

 禁煙してニコチンが体内から消失する期間ってどれ位だと思います?

 3日で体内のニコチン濃度がほぼ0%になるといわれています

 なので3連休に禁煙を開始すると精神的に楽かもしれません


 では何故1週間も2週間も苦しむ人がいるのか

 レオンは医学的なことは分かりませんが
 感覚的に言えば「脳が覚えている」
 からではないでしょうか

 レオンも禁煙1週間後と20日後くらいにタバコを吸った夢をみました
 それもかなりリアルな夢でした

 これは無意識のなかのことなので
 脳が覚えているんだと思います

 でも大丈夫です
 それはタバコという麻薬のせいだと知っています 

 「禁煙するゾ」と気張らなくて大丈夫です
 周りの人に宣言するなら「とりあえず今は吸っていない」程度でいいと思います

 禁煙するゾと意気込めば意気込むほど脳はニコチンを求めてくるような気がします

 なのでリラックスしてその日を迎えましょう


 大丈夫です

 ここまできた方は心理的依存を克服できます

 あとは体内からニコチンを取り除くだけです


 脳がタバコを求めてきたらそれは脳内から消失している
 偽者の物質を求めているのです
 本物の物質がもうすぐまた作られるようになります

 食事のあとに吸いたくなったら
 最初に吸ったタバコの味を思い出してください
 「くそまずい」ですよ

 喧嘩や仕事の後に吸いたくなっても
 そのタバコで「落ち着く」ことはありません

 あなたはタバコとタバコ会社に騙されているんです


 禁煙は決してつらいものではありません

 つらく感じるのはタバコに騙されたまま禁煙するからです


 これで禁煙するための知識はみなさんにご紹介しました
 レオンの知っている知識のすべてです
 
 レオンもこの知識で現在100日以上が経過しました
 
 ときどき吸いたくなるときもあります

 しかし、克服の仕方も知っています

 後はこれを続けるだけです 



 当ブログをご覧のみなさまも

 タバコをやめて今よりもすばらしい日々が訪れることを心より願っております

 お小遣いを節約して健康とお金を取り戻しましょう
 



 次回からはレオンの禁煙経験を綴っていきます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。